material

home > concept > material

『職人たちが技をもって大切に育てられた食材を調理し、お客様に食を通して文化を伝える』
スパイスワークスでは、安心・安全な食材は当たり前、生産者さんとの関係を大切にし、
おいしさと共にその食材への想いも一緒にお客様へ伝える事を使命と考え日々、想いを持った生産者の方との交流を重ねています。
そして全国の生産者さんとの関わりを大切に食材探訪をしております。

代表取締役社長 小澤 嘉徳氏

北海道函館の国定指定公園として名高い大沼公園を有する駒ケ岳の裾野に広がる牧場で育った『大沼牛』。自家製の堆肥を還元した飼料農場、成長ホルモンを一切使用しない、無農薬の牧草トウモロコシをメインにしたオリジナル飼料、自由に天然地下水を飲める状態を設定しA1の3つの健康をモットーに「こだわりの牛肉」創りに取り組んでます。

黒毛和牛ではありませんが、広大な北海道の中でも極めて恵まれた環境で育った大沼牛は他の国産牛とは一線を画す美味しさです。 噛めば噛むほど口の中に広がる赤身の旨味。。。。北海道の大自然と人々の情熱が生んだ特選素材です。

こちらの食材を使っているお店




代表取締役 鳥山 渉氏

本当に美味しい肉を追求したら、A4ランクに行き着いた。
赤身肉の旨みを感じつつサシの甘さに思わず笑顔がこぼれる。真の肉好きに愛される牛肉を追求し、絶対的な信頼の元通を唸らすモノを提案。

群馬県赤城山麓の中腹の澄んだ空気と豊かな自然のもと赤城黒毛和牛は育つ。
健康状態を確認しながら、与える資料をコントロールする。
手塩にかけて育てる為に大量生産はできません。
特別な方への特別な品です。

こちらの食材を使っているお店



房総ポーク 青柳 耕一氏 

青柳牧場は周囲を海と緑に囲まれ、豊かな自然と温暖な気候に恵まれています。
豚の健康を維持しおいしい豚肉を生産するために与えている飼料には「海草粉末」を加え、更に「ビタミンE」を強化しています。

また飼料中の脂肪分は植物性のみを使用し、動物由来品は一切使用していません。このため豚肉特有の臭いがなく柔らかい食感に仕上がっています。
さらに、豚に与えるストレスを極力抑えながら、豚の健康管理に努め、心をこめて生産された極上の豚肉です。

こちらの食材を使っているお店



三浦 代表 杉浦 新氏

三崎漁港は、南に面した城ヶ島が自然の防波堤の役目を果たしている『天然の良港』。このため歴史的には、その地形的要因から古く平安時代から利用され、鎌倉時代より水軍の根城として発展しました。

その後江戸時代には江戸湾防備の本拠地に選ばれ、漁港としての機能も発展し三崎は日本で初めてせりが行われた漁港として、江戸の台所をまかなう港町として栄えたそうです。そして明治の頃には、日本屈指のマグロ漁港として有名になりました。
現在では、日本近海で獲れた鮪はもちろん」世界中で獲れた鮪を扱っています。
世界中の上物のマグロが集まるのも三崎港の大きな特徴と言えます。
杉浦さんの鋭い目利きにかなった物を用意していただいてます。

こちらの食材を使っているお店



愛知 蒲郡 代表 鈴木裕己氏

日本最大級の半島である紀伊半島に面した伊勢湾から続く三河湾。

三重県と愛知県に面した日本最大の湾であり、伊勢海老を筆頭に海産物の豊かさでは知られています。

蒲郡の港にはこの湾内の海産物だけでなく、渥美外海の豊かな海から市場にあまり出回らない、希少種の鮮魚も含まれ直送されます。また、国際的な枠組みで「生物資源の持続可能な利用」により、このあたりの漁業者を中心に広く海の浄化活動等の取り組みが行われている土地です。

海との共存をまさに体現している方々から頂ける貴重な海の恵みを皆様に提供しています。

こちらの食材を使っているお店



株式会社NTC・デリバ 常務取締役 営業部長 沢井 圭造氏

カナダ・アルバータ州に世界一の規模の食用馬の牧場を有し、その牧場にて自社取引用特別肥育を行いHACCP認定工場よりブロック肉にて日本へ仕入れている、よもや業界の一角をも占める桜肉専門販売会社。

国産馬肉もあつかっており、熊本・会津若松のメーカーさんと提携しています。馬肉の食文化を啓蒙する為、高品質でバリエーションに富んだ馬肉を多彩に、安価に取り揃えているのがこちらの特徴です。ひとえに、日本の生食文化である馬肉を食す文化の継承と普及を目指し、自らが安心安全なものを手に入れやすい環境にするために啓蒙活動している会社です。

こちらの食材を使っているお店





株式会社会津畜産 専務取締役 宮森 大典氏

食肉のチャンピオンと言われる栄養価が極めて高く、ヘルシーで現代人の食生活に適している馬肉。低カロリー、高タンパク、低脂肪、低コレステロールにして、鉄分・カルシウムなどのミネラルやビタミンが豊富など良いところをあげればキリがない程。特に会津は、熊本の霜降り馬刺しとは、また違った赤身ならではの美味しさを追求し、全て国産馬を提供してくれる。

国産馬の何とも言えない甘味の決め手は飼料。配合などは各生産者に委ねられるが、牧草大麦、蕎麦殻、砂糖大根などなど、丹精に育てられることで圧倒的な素材の差が出る。他、衛生管理と品質管理を徹底することで安全な馬肉の出荷にも取り組まれています。(ISO22000・ISO/TS・FAAC22000取得)

こちらの食材を使っているお店



十勝新得町 事業所所長 高倉 豊氏 

「鹿肉を色々な方に食べていただきたい。紹介したい。」という思いから、たどり着いたのが養鹿シカ。これは、適切な環境下にて鹿を一定期間育て出荷するシステムで、整備された屠殺場で血抜きや解体等、適切に素早く処理されるので、安心・安全で臭みがなく、柔らかいプレミアムな肉質のものを手に入れることができます。

また、一頭買いするので、希少部位も手に入り、細かい部位毎にお客様にお召し上がりいただくこともできるようになりました。 肥沃な大自然の中でしっかりとした管理下の元作られたプレミアムの鹿肉は高タンパク・低カロリー・高鉄分でミネラル豊富な生活習慣病対策にはもってこいの素晴らしい素材です。

こちらの食材を使っているお店




淡路島 代表取締役  嶋本 育史氏

高級肉と珍重される鹿児島の黒豚と猪の交配種が『猪豚』です。
さらに嶋本さんのところは、猪豚とデュロック種の交配により作られた「淡路島ポーク」を生産しています。

離乳後2ヶ月で斜面を利用した運動場で駆け回り、資料も遺伝子組み換えのないものを使用し、抗生物質成長促進剤など余分なものを一切投与せず自然で安全な状態で育った猪豚の肉質はキメが細かくほんのり甘い、脂身も柔らかく甘みがありジューシーなものをお召いただけます。

こちらの食材を使っているお店



Copyright (C) 2013 SPICE WORKS All Rights Reserved.

pagetop